toggle

PROFILE

三崎優太(みさき ゆうた、1989年3月29日 -)は、日本の実業家。北海道出身。

株式会社メディアハーツ(現:ファビウス株式会社)創業者兼元代表取締役。

来歴


北海道出身。北見市立北中学校、クラーク記念国際高等学校を卒業し、18歳の時に株式会社メディアハーツを起業する。

2014年、美容通信販売事業を開始。

2017年、「すっきりフルーツ青汁」を2017年10月23日時点で累計1億3,000万本販売し、17年9月期の通販売上高は前期比539%増の131億円と増収率ランキング1位となる。主力商品にちなみ「青汁王子」として呼称され、メディアへの露出が多くなる。

2019年2月12日、架空の広告宣伝費を計上し、2年分で約1億8千万円の法人税の支払いを免れた法人税法違反(脱税)容疑で東京地方検察庁特別捜査部が他2名と共に逮捕し、‪3月4日に同法違反罪で起訴された。

2019年3月、保釈後はSNSを通じ、青汁劇場と称した投稿を多数に行う。焼き鳥屋に転身したり、彼女にフラれた一部始終の様子を公開する等をして反響を呼んだ。

2019年7月16日、論告求刑公判で、検察側が懲役2年を求刑。弁護側は執行猶予を求め、9月5日に判決を迎える。

2019年8月15日、ホストに転身を表明。8月19日~31日の間に指名212組、約8,200万円を売り上げ“業界史上最高記録”を打ち立てた。

2019年9月5日、東京地方裁判所は、法人税法違反などの罪で懲役2年執行猶予4年、法人の「ファビウス」に罰金4600万円の有罪判決をそれぞれ言い渡した。

2019年9月6日、SNSにて脱税額と同じ1億8千万円を「贖罪」としてフォロワーに寄付すると発表。発表の意図については、「法治国家のもとにある以上、有罪というのであれば受け入れざるを得ない。

その贖罪として国民のみなさんに現金を配布し、社会のために私財を投じる。それが一人でも多くの国民に拡散され、少しでもこの問題を考えるきっかけとなって、正しい日本の未来へと進んでほしい」と答えた。

また、自分の訴えを収録した「青汁劇場 〜報復編〜」という動画を公開。動画の中では、マルサが強制調査に入った際の国税庁長官が佐川宣寿であり、森友事件について忘れないで欲しいと訴えた。

wiki pedia引用